大人の治療

治療の進め方

01

治療の進め方

初診相談
検査
(分析)
診断・治療計画
矯正歯科治療
保定
初診相談

まずお口を見させていただき、歯並び・かみ合わせ・お口元の形状等のお悩みやご希望などを伺います。その後カウンセリングルームにて、想定される治療方法・治療期間をお話し、当院での治療システムについてご説明します。

検査(特に詳細に行います)

お顔の写真、お口の写真、歯型、かみ合わせを取ります。レントゲン室では、パノラマX線写真(歯と歯周組織を見るためのX線写真)とセファログラム(歯と顔の形をみるためのX線写真)を撮影します。セファログラムは特殊な撮影方法ですので、一般の歯科医院では撮影することはできませんが、大学病院や矯正専門歯科医院では必ず撮影します。さらに当院ではCT撮影(追加料金なし)を行い、歯と歯を支える骨の形状を三次元的に検討します。また、症状によっては顎運動機能検査、筋電図を取ります。

診断・治療計画の立案

検査の分析結果をお伝えします。そして患者さんごとに具体的な治療方針(抜歯の有無・治療の進め方・治療期間・費用)についてご説明します。当院では「歯並びの美しさ」「良好なかみ合わせ」「お口元の形状の美しさ」「長期安定性」これら全てを考慮し治療方針を検討しています。お話を聞いていただき、矯正歯科治療をしないという選択も可能です。

矯正歯科治療

計画に沿って装置を装着し治療スタートです。通院は3週間に1回程度です。お仕事やライフイベント等への影響が最小限となるよう、治療方法・装置の種類・通院のタイミングに配慮しながら治療を進めていきます。

装置の取り外し・メンテナンス(保定)

目標のきれいな歯並び・かみ合わせ・お口元になりましたら矯正装置を外します。しかし歯はまだ安定しない状態です(歯と歯茎の間の組織が、治療前の形に戻ろうとする性質があるため)。そこでリテーナーという取り外し式の装置を使用し、歯並びを安定させていきます。このようなメンテナンスのことを保定(ほてい)といいます。

主な矯正装置の種類と比較

02

主な矯正装置の種類と比較

(料金は税別)

目立たない唇側矯正
(表側)

ハーフリンガル矯正
(裏側+表側)

舌側矯正
(裏側)

目立ちにくさ

治療期間

基本料金

700,000円

900,000円

1,200,000円

目立たない唇側矯正
(表側)

目立ちにくさ

治療期間

基本料金 700,000円

ハーフリンガル矯正
(裏側+表側)

目立ちにくさ

治療期間

基本料金 900,000円

舌側矯正
(裏側)

目立ちにくさ

治療期間

基本料金1,200,000円

  • こどもの治療の場合は料金が異なります。
    こちらをご覧ください。
目立たない唇側(表側)矯正
メリット
  • 装置の種類や術式が豊富
  • 従来からの方法で安心
  • 他の方法より治療期間が短い
  • 他の方法より費用が抑えられる
  • 発音への影響は少ない
デメリット
  • 笑うと装置が見える
  • 唇や頬の違和感がある
舌側(裏側)矯正
メリット
  • 装置が外から見えない
  • 頬の裏や唇が傷つきにくい
  • ホワイトニングが可能
デメリット
  • 舌の違和感が強い
  • 発音に影響が出ることがある
  • 唇側矯正より費用が高価
マウスピース型の矯正装置
メリット
  • 透明でほとんど見えない
  • 取り外し可能で違和感が少ない
  • 虫歯になりにくい
  • ホワイトニングが可能
デメリット
  • 適用範囲は症状による
  • マウスピースを常に装着

症状やご要望に応じて行う治療

03

症状やご要望に応じて行う治療

部分矯正

前歯のでこぼこなど、奥歯のかみ合わせに問題がない場合、部分的な矯正歯科治療が可能です。一般的には期間・費用の負担が抑えられます(適用できるかどうかは実際にお口を拝見してからの診断になりますので、ご相談にお越しください)。他にも、虫歯や歯周病などで歯を失った場合に、ブリッジやインプラント治療の代わりに、近くの歯を移動させてスペースを閉じるという治療に適用できる場合があります。

歯科矯正用アンカースクリューの併用

直径わずか1〜2mm程度の歯科矯正用アンカースクリューを歯の周囲の骨に埋め込み、それを基軸として歯に矯正力をかけることで、従来の方法では不可能であったような歯の移動やより効率的な歯の移動を行います。 施術は非常に簡便で1本10分程度です。痛みや腫れもほとんどありません。治療が終了した後は撤去し、痕が残る心配もありません。

メリット
  • 従来よりも大きく正確に歯を移動できる
  • 歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなる
  • 難症例でも骨格的問題の緩和が期待できる
  • ヘッドギアなどの装置が不要
MFT(歯並びに影響する癖の改善)

MFTとは、舌・唇・頬などお口まわりの筋肉をトレーニングして、正しく機能させるための治療(筋機能療法)です。歯並びが悪くなる原因の一つとして、舌や唇のクセがあります。そのクセを治さないと、治療方針を変更する必要が生じたり、治療期間が長くなったり、またせっかくきれいになった歯並びも「後戻り」してしまいます。当院では必要と診断される方にMFTを行っています。

メリット
  • 矯正歯科治療後の後戻りを抑える
  • 矯正歯科治療の効率が上がる
  • お顔のアンチエイジングに高い効果が期待できる
  • お口まわりの筋力がバランスよく整う
  • 正しい飲み込み方が身につく
治療期間への配慮

症状に応じて、効率よく治療が進む治療計画の立案、お仕事やライフイベントを考慮した治療方針・計画・装置の選択により、治療期間の短縮を図ります。またローフリクションブラケット(ブラケットとワイヤーを完全固定しないことで歯の移動がスムーズ)や、歯科矯正用アンカースクリューの使用など、治療上の工夫を行います。

イベントに合わせて

成人式・就職・結婚、または受験・留学・卒業アルバム撮影など、人生における大切なイベントのタイミングに合わせた矯正治療を行っております。ご予定まで期間があまりない場合には、人の目にふれやすい前歯を優先的に矯正歯科治療してきれいに整え、ご予定前日に一時的に矯正装置を外せるような治療スケジュールを立てます。そしてイベントが終わりましたら再装着して治療を再開します。

トータルの治療期間は通常の矯正歯科治療と変わりませんが、期間短縮を図るための治療上の工夫を行うことも可能です。治療計画は症状やご予定などによりますので、期間・費用・ご心配・ご要望などございましたら矯正相談にてお伺いします。

痛みの軽減のために

超弾性形状記憶ワイヤー
矯正歯科治療は痛いという旧来からのイメージがありますが、現在では装置の進歩により痛みは大分軽減されました。当院で使用するワイヤーは、超弾性の形状記憶合金です。非常に柔らかく、最適な弱い力を継続的に歯に伝えます。これにより歯へのダメージが最小限となり、痛みも少なく、かつ効率的に歯を動かすことができます。

セルフ・ライゲーション・ブラケット(ローフリクションブラケット)
非常に優しい力で効率的に歯を動かす矯正装置です。従来の装置と比較して、治療期間の短縮と、痛みの軽減を図ることができます。

多くの歯を残すために

歯科医療の基本は、お口の健康を可能な限り長期間保つことです。矯正歯科治療において抜歯が必要とされるケースは多くありますが、抜歯が絶対条件というわけではありません。当院では、治療後の歯並びの美しさ、良好なかみ合わせ、後戻りしにくさを考慮した上で、できる限り多くの歯を残す治療方針を選択します。

例として、歯科矯正用アンカースクリューの使用や、子供の矯正では顎骨のバランスを整えることで、抜歯の回避を図ります。また抜歯しないとお口の健康にとって悪影響がある場合でも、抜歯する本数を最低限に留める工夫を行います。長期間安定するかみ合わせにすることで、健康な歯を長持ちさせることができます。

大人の矯正歯科治療にともなうリスクについて

04

大人の矯正歯科治療にともなうリスクについて

むし歯になりやすくなります

矯正歯科治療の有無にかかわらず、歯磨きをしないとむし歯になります。特に矯正装置を装着していると、歯磨きが難しくなり虫歯のリスクが高くなります。治療開始時に歯磨き指導を行いますが、治療中に歯磨きができていない場合は治療を中断する場合もあります。

痛みがでることがあります

矯正装置を装着すると痛みが生じることがあります。特に装置をつけて1週間くらいは頬・唇・舌にあたるため口内炎ができ、痛みを生じることがあります。また、ワイヤーの力により歯が動くことで生じる痛みはおよそ3,4日から1週間ほどで落ちつきます。その間は柔らかいものを選んで食べる等の対応が必要になる場合があります。どうしても食事がとれない場合や眠れない場合等は鎮痛剤で対応することもあります。

歯根吸収を生じることがあります

矯正歯科治療によって歯の根の先が丸くなること(歯根吸収)があります。多くはわずかな吸収で、その後の日常生活に支障はありません。しかし人によっては大きく吸収することもあり、治療の中断や計画の変更等が必要となることがあります。

歯肉退縮を生じることがあります

矯正歯科治療によって歯と歯の間の歯茎が下がって空隙が見えてくること(歯肉退縮)があります。成人からの治療では起こりやすいと言われています。矯正歯科治療を行わなくても年齢を重ねるに従って生じる加齢変化の一つでもあります。

装置の不具合が生じることがあります

矯正装置は外れやすく壊れやすいものです。硬いものを大きいまま食べると、装置が外れたり、ワイヤーが曲がったりしやすく、歯が想定外の方向に動いてしまい、結果的に治療期間が延長することがあります。何か心配なことが生じた場合は、ご連絡いただき、早めに来院されることをおすすめします。

抜歯する場合もあります

治療方針によっては健康な歯や親知らずを抜いていただくことがあります。

治療への協力をお願いします

定期的に通院することは治療を効率的に行う上で非常に重要です。また、矯正装置・保定装置には患者さん自身で取り外しを行うものがあります。指示に従って使用していただかないと、治療結果の低下や治療期間の延長をまねくことがあります。また治療後においては後戻りをおこします。